ガソリンスタンドではいつもクレジットカードを使用

いつもガソリンスタンドではクレジットカードを使用することにしています。これは支払い時にとても楽なのは言うまでもありません。ガソリンスタンド専用と決めてあるクレジットカードなので、車を2台所有しているけれど、今月はいくらガソリンに使ったのかということも一目で分りやすいので、家計簿をつけるのにも役立ってします。まだ実際に使ったことはありませんが、クレジットカードに付帯しているサービスとして、バッテリー上がりや燃料切れなどといった車のトラブルに利用することができるサービスがついているのも心強いです。お守り代わりみたいなもので、実際に使う日が来ない方がありがたいですが、ちょっと遠くへ出かける時なんかも、カードのおかげで安心して出かける事ができます。

カード番号を暗記しておくと急な出費に対応できる

旅先で偶然見つけたガジェット製品を購入したいと思ったときに、所持金が足りませんでした。数量限定でネット注文しなければ予約待ちになることが確定していたので、私は近くのネットカフェからショッピングサイトにアクセスしました。支払い方法は、クレジットカードしか選択できませんでした。あいにく、自宅にクレジットカードを置いたままです。そのとき、私は過去の自分に感謝の気持ちでいっぱいでした。クレジットカード番号を暗記していたからです。番号の認証エラーも起こらず、私は手元にクレジットカードがないにもかかわらずネット注文を完了させました。旅が終わって帰路についたときには、自宅にガジェット製品が配達されていました。

友人の持っているクレジットカード

私はいまだにクレジットカードを持っていません。持ち歩いていて、もしもなくしてしまったらと思うと怖くて持てないのです。でも友人はみんなが持っているのです。みんな一枚は持っているのです。そして一緒に出掛けると、必ず使っているのを見ます。どうして持っているのか、聞いてみたのです。するとみんなが口をそろえて言いました。現金で買い物するよりも、ポイントが貯まるからだと言ったのです。私にはその意味が分かりませんでした。でもよく聞いていると、買い物をするたびにポイントが貯まっていくのです。外食をしてもです。クレジットカードを使って、会計をするたびにいくらかのポイントが貯まっていくのです。そしてそのポイントは還元されるのです。そのために使っているのでした。

クレジットカードを継続するか考え中です。

百貨店のクレジットカードを持っています。クレジットカード自体の年会費が2000円です。ちょっと高いなと思ったのですが、結構百貨店でお使い物を買う機会が多く、すぐにポイントが貯まるからその分で元が取れると思ったのですが、主人が転職をしてあまり贈答品を送る必要がなくなったので、百貨店でカードを使用する機会がなくなりました。その店のクレジットカードを使えば普通のポイントカードよりもずっと早くポイントがたまるということでした。2000ポイントたまったら2000円の商品券と交換できるということで頑張って溜めていたのですが、ポイントの有効期限内にギリギリクリアできたという感じでした。もうすぐカードの更新期限なのですが、ポイントもやっと溜まったくらいなのでもう一年様子を見てあまり使う機会がなさそうなら年会費が高すぎると思うので、解約しようと思っています。

使わなくなったクレジットカードは必ず退会する

一時はクレジットカードを5枚以上利用していました。それぞれにお得な場面があるので、自分ではうまく利用していたつもりですが、長期間になってくるとやはり利用に濃い、薄いが出てきてしまい、ほとんど利用しないクレジットカードが出てきました。そして使わないうちに年会費だけが請求されてしまったことがあり、そこではじめて退会をした次第です。年会費を損を感じがしますが、複数枚のクレジットカードを利用している場合には半年程度の利用がなければさっさと退会するべきでしょう。使わなくなったクレジットカードをまた使い始めるということはあまりないと思います。

クレジットカードをそろそろ作ってみました

クレジットカードが主流になる頃、カードを出せば支払いができる便利さを知りながらも、どこか現金派だった私にすると浪費が怖かったせいもありました。とは言え時代の流れと共にクレジットカードが欲しくなり作ることにしました。ネット申し込みをしていろいろ個人情報を入れてるだけでも怖かったですが、数日して郵便物が届き審査に通ったようでした。ふと思ったことは、こんなに簡単にクレジットカードを作れることでした。今はちょっとしたときにクレジットカードを使っていますが、ポイントなども貯まるし便利だなと実感しています。

クレジットカードは、協会同士で…

クレジットカードは、協会同士で、もう各社、情報のネットワークが出来上がっています。これは、以前、法改正が行われて、違法な消費者金融とか、借りすぎとか、もうこれ以上作れないとかを、未然に正確にわかって防ぐのに、国でそのように変えたものです。だから、ニュースでも出ましたし、かくしが宣伝もしています。よそのカードの借入金額など、嘘を書いても、必ず正確にわかるようになっています。新しくカードを作ろうとする人の情報が、過去にどこのカードを持ち、どんな風に返したか、今、総合で(3枚なら3枚で)限度額の範囲を越えていないか、そういうことを判断材料に、新しいカードを作れるか作れないかを審査します。共有しているために、会社も守られています。バブルの時には、限度額をどんどん釣り上げて、借りれるように借りれるように、みんながしていたから、すごい力でみんながクレジットカードを作りもしたし、持ってもいました。今はどっちみち、以前のような借金はできないし、返す宛もなくなっているのだから、新しいクレジットカードを作ろうとする人には、審査は厳しいと思います。ほんとに作ってほしいときは、こぞって、銀行も郵便局もカード機能を付けてください、つけてくださいって、みんなが言ってて、すぐに、キャッシング機能だってついてたんですよ。あの頃が、もう嘘のようです…

クレジットカードの審査は若い人も安心

クレジットカードを作るにあたって、若くてアルバイトという職業形態の私は審査をパス出来るのかが一番心配でした。クレジットカードを持ってお金を使いすぎないように気をつけたり、万が一の不正利用に備えることもリスク管理として意識していましたが、まずカードを持つにあたり一番緊張したことは審査です。クレジットカードの審査では今までの信用が重視される事が多いので、案外若い人は有利です。今まで一度もカードを持ったことがなくクレジットカードの利用履歴がなくても、年配の人と違って若い人であれば審査に受かりやすい傾向も強いですし、将来性を見越して収入がかなり低い人であっても審査に柔軟に答えてくれるカード会社も珍しく有りません。最近は学生さんを対処にした学生カードも人気ですし、クレジットカードの審査は両親と同居している人にとって有利です。また、年齢を問わず、固定電話を契約していたり、持ち家で長年同じ土地に住んでいる人や、貯金や収入が多い人も審査に受かりやすくなります。ゴールドカードやプラチナカードなどステータスの良いカードの審査は30代以降などある程度年齢を重ねないと通過しづらかったり、正社員や公務員の人が有利に審査に受かったりする傾向にあります。クレジットカードの審査は数日から一週間は要する場合が多く、気長に待つことが大切です。

通りやすいクレジットカードはこれ

審査基準がそこまで厳しくないカードは多数用意されていますが、その中でも比較的簡単にカードを発行することが出来るものとして、アコムマスターカードがあります。これは消費者金融のアコムが提供しているカードなので、通常のクレジットカードよりも審査基準が厳しくありません。キャッシングの内容で審査を受けることとなるのが一番大きな部分で、あまり収入を持っていない方でもカードを手にすることができます。またCMでよく宣伝している楽天カードも審査が厳しくありません。楽天カードの場合はアコムマスターカードよりも厳しい内容で審査をされるものの、色々な証明書の提出が要らないため、微妙なラインでも審査に通すことがあります。キャッシング枠を捨ててしまえば更に審査は甘くなり、ポイントを沢山手に入れるカードとして利用することができます。この他にもAmazonが提供しているクレジットカードも審査が甘く、しかも即日で利用可能となるカードです。カードの発行自体はそれなりに時間がかかるものの、利用するだけならすぐに行えます。審査内容は三井住友銀行のクレジットカードと同等くらいのように思われますが、実際にはそれより基準が甘く、比較的簡単に発行することが出来るのです。

クレジットカードの審査は電話対応にも気を配ろう

クレジットカードを作る場合、必ずといっていいほど職場か自宅へ在籍確認や所在確認の電話があります。これは本人が本当に在籍しているのかを確認し、情報が正しいのかどうかを確かめるためなのですが、特に難しい事を聞くのではなく、生年月日などを聞かれるだけなのですが、この時の電話対応にはできるだけ丁寧に答え、決して居留守を使ってはいけません。カード会社からの電話が単なる在籍確認の場合なら同僚でもよいのですが、本人確認の場合には本人が電話口に出ないと審査に落とされてしまうことがあります。普段自宅の固定電話を利用していない場合でも、カードを申し込んでいる時にはなるべく出るようにして、留守電や携帯にメッセージがある場合には、必ず折り返し電話をするようにしておきましょう。