クレジットカードは、協会同士で…

クレジットカードは、協会同士で、もう各社、情報のネットワークが出来上がっています。これは、以前、法改正が行われて、違法な消費者金融とか、借りすぎとか、もうこれ以上作れないとかを、未然に正確にわかって防ぐのに、国でそのように変えたものです。だから、ニュースでも出ましたし、かくしが宣伝もしています。よそのカードの借入金額など、嘘を書いても、必ず正確にわかるようになっています。新しくカードを作ろうとする人の情報が、過去にどこのカードを持ち、どんな風に返したか、今、総合で(3枚なら3枚で)限度額の範囲を越えていないか、そういうことを判断材料に、新しいカードを作れるか作れないかを審査します。共有しているために、会社も守られています。バブルの時には、限度額をどんどん釣り上げて、借りれるように借りれるように、みんながしていたから、すごい力でみんながクレジットカードを作りもしたし、持ってもいました。今はどっちみち、以前のような借金はできないし、返す宛もなくなっているのだから、新しいクレジットカードを作ろうとする人には、審査は厳しいと思います。ほんとに作ってほしいときは、こぞって、銀行も郵便局もカード機能を付けてください、つけてくださいって、みんなが言ってて、すぐに、キャッシング機能だってついてたんですよ。あの頃が、もう嘘のようです…

クレジットカードの審査は若い人も安心

クレジットカードを作るにあたって、若くてアルバイトという職業形態の私は審査をパス出来るのかが一番心配でした。クレジットカードを持ってお金を使いすぎないように気をつけたり、万が一の不正利用に備えることもリスク管理として意識していましたが、まずカードを持つにあたり一番緊張したことは審査です。クレジットカードの審査では今までの信用が重視される事が多いので、案外若い人は有利です。今まで一度もカードを持ったことがなくクレジットカードの利用履歴がなくても、年配の人と違って若い人であれば審査に受かりやすい傾向も強いですし、将来性を見越して収入がかなり低い人であっても審査に柔軟に答えてくれるカード会社も珍しく有りません。最近は学生さんを対処にした学生カードも人気ですし、クレジットカードの審査は両親と同居している人にとって有利です。また、年齢を問わず、固定電話を契約していたり、持ち家で長年同じ土地に住んでいる人や、貯金や収入が多い人も審査に受かりやすくなります。ゴールドカードやプラチナカードなどステータスの良いカードの審査は30代以降などある程度年齢を重ねないと通過しづらかったり、正社員や公務員の人が有利に審査に受かったりする傾向にあります。クレジットカードの審査は数日から一週間は要する場合が多く、気長に待つことが大切です。

通りやすいクレジットカードはこれ

審査基準がそこまで厳しくないカードは多数用意されていますが、その中でも比較的簡単にカードを発行することが出来るものとして、アコムマスターカードがあります。これは消費者金融のアコムが提供しているカードなので、通常のクレジットカードよりも審査基準が厳しくありません。キャッシングの内容で審査を受けることとなるのが一番大きな部分で、あまり収入を持っていない方でもカードを手にすることができます。またCMでよく宣伝している楽天カードも審査が厳しくありません。楽天カードの場合はアコムマスターカードよりも厳しい内容で審査をされるものの、色々な証明書の提出が要らないため、微妙なラインでも審査に通すことがあります。キャッシング枠を捨ててしまえば更に審査は甘くなり、ポイントを沢山手に入れるカードとして利用することができます。この他にもAmazonが提供しているクレジットカードも審査が甘く、しかも即日で利用可能となるカードです。カードの発行自体はそれなりに時間がかかるものの、利用するだけならすぐに行えます。審査内容は三井住友銀行のクレジットカードと同等くらいのように思われますが、実際にはそれより基準が甘く、比較的簡単に発行することが出来るのです。

クレジットカードの審査は電話対応にも気を配ろう

クレジットカードを作る場合、必ずといっていいほど職場か自宅へ在籍確認や所在確認の電話があります。これは本人が本当に在籍しているのかを確認し、情報が正しいのかどうかを確かめるためなのですが、特に難しい事を聞くのではなく、生年月日などを聞かれるだけなのですが、この時の電話対応にはできるだけ丁寧に答え、決して居留守を使ってはいけません。カード会社からの電話が単なる在籍確認の場合なら同僚でもよいのですが、本人確認の場合には本人が電話口に出ないと審査に落とされてしまうことがあります。普段自宅の固定電話を利用していない場合でも、カードを申し込んでいる時にはなるべく出るようにして、留守電や携帯にメッセージがある場合には、必ず折り返し電話をするようにしておきましょう。

クレジットカードで節約できるもの

クレジットカードを使うことによって二つの面で節約を実践することができます。一つは支払い時間の短縮です。レジの支払いにおいて現金で支払いをするとどうしてもお金を用意する手間と時間がかかります。一回一回の時間は短くとも年間通して無駄になる時間はかなり大きいものとなるかもしれません。しかしクレジットカードを使うことによってこの時間を節約することができます。またクレジットカードのポイント還元によって支払い金額の節約をすることができます。還元率は0.5%から高いもので2%程度ですが、現金の支払いに比べてその額の節約ができるのです。時は金なりという言葉がありますが、クレジットカードを使うことによって時間もお金も両方節約することができるのです。

クレジット会社の審査に、なかなか通らない人へ。

クレジットカードの新規申請で困っている人は、いないでしょうか。何度申請しても通らない人、ある程度、条件は満たしているのに、なぜか却下される人など、ここは少し視点を変えて時期に焦点を合わせて見てみましょう。クレジット会社は、たいてい上場企業、または、それらに関連したグループに入っていて3月が決算になっています、会社としては、そこで一年の成績が出てしまいます。企業としては決算結果によって株価などに大きく反映され、その後の企業運営にも大きく影響します、とゆうことは年が明けてからの数ヶ月はクレジット会社にとって成績が出るまでの追い込みの期間になるのです。クレジット会社の決算に影響する企業としての数字の一つとしては会員を増やすとゆう目標が、あります、とゆうことで年が明けてからの数ヶ月の追い込み期間は会員会得のため審査基準が下がるクレジット会社もあるのです。ここを狙います。また逆面から見てみてクレジット会社の顧客が増える時期、つまり新規の申し込み者が多い時とゆうのはクレジット会社側も審査を厳しくする傾向に、あるようです、とゆうことは申込者が少ないために審査のハードルが低くなる可能性の時期や時間帯を狙って申請したほうが通りやすくなるゆうことです。1年の中では5月から7月。1ヶ月では10日から20日。1週間では火曜日、水曜日、木曜日。1日では午前中などがクレジットカードの新規申請が少なくなるポイントと言われています。全てのクレジット会社で通用する訳ではないですが審査が通りやすくなる所で試してみる価値は、あるのではないでしょうか。

クレジットカードの審査を受ける前に頭に入れておきたいポイントとは?!

クレジットカードを新規で申し込む際は、誰でも必ず所定の属性審査を受けるのが必須になりますが、実際に審査に臨む心構えとして、インターネット或は用紙での申込にしても、カード会社が指定する申込情報は極力全て入力欄に記入する事が大事なポイントです。特に審査で重視するのは、勤続年数や年収、職種、持ち家か賃貸かの居住形態などもそうですが、他社での借入件数も重要な審査判断の材料になります。ですから、クレジットカードの審査にスムーズにパスしたければ、何処の金融機関でもそうですが、正確に包み隠さず申込事項を申告するのが鉄則です。クレジットカードの審査過程では、必ず個人信用情報機関に申込者の全ての金融業者での利用履歴を照会し、正常な返済能力が備わっているかチェックするようになっています。特に、大手のクレジットカード会社は少し審査基準が厳しいイメージもありますが、主婦や学生でも定職を持っていて、過去借入した他社の履歴があっても、滞りなく返済を完了していれば、まず審査に落ちる心配はありません。そしてクレジットカード会社の審査では、勤務先か自宅への在籍確認も合わせて行われますが、もし職場に連絡されるのが困る人は予め勤務先での在籍を証明できる収入証明書類を全て提出する事で代替にならないか?問い合わせてもいいでしょう。ただ勤続年数が明らかに短い場合や、転職回数が極端に多い人などは、在籍確認が免除できない場合もあるので頭に入れておく事をお勧めします。最近のクレジットカードは利用ごとにポイント還元が付いたり、旅行保険なども付帯されている機能性が高い商品が多く、1枚持っておくと非常に重宝するのは間違いないので、先ずは気負う事なく平常心で審査を受けてみてはいかがでしょうか。

クレジットカード審査を受ける時の合否基準とは

クレジットカードを持ちたい場合には申込みを行って、審査で合否が決まりカードが発行されるという流れになります。この審査申込みの方法としてはインターネット経由で24時間申込みが可能な仕組みが整っており、審査で調査される事は返済する力があるかどうかです。審査では申込み時に提示する個人情報に嘘が無いかどうかを確認する事になり、そこから収入の流れを持っているか、過去の返済歴がどうなっているのか、というような情報を総合して返済能力を判断する事になります。一般的には収入が安定している方は返済能力が高いと見なされますし、もちろん借金歴が無かったり、借金時に延滞や滞納をした事が無い方が信用される事になります。他の要素としては賃貸よりも一軒家住まいであったり、現住所に長く住んでいたり、就職期間が長いというような場合も返済時に信用されやすくなり、クレジットカードの審査にも通りやすくなります。クレジットカードにはポイント還元を含めて色々なサービスが展開されています、審査の前にはサービス内容をチェックして、自身の生活に役に立つかどうか確認した上で審査に申し込むと良いです。審査通過後は確実に完済出来る範疇で活用しましょう。

クレジットカードの審査落ちする本当の理由

クレジットカードの審査に落ちた時のショックは計り知れないものがありますが、各クレジット会社によって審査の基準は同じでも、厳しい・甘いカード会社もあります。ですが審査基準のおおよそは同じものですので、どんな審査基準が存在するのか知っておくと安心できます。

●クレジットカードの審査基準とは?

1・個人情報の一致や安定した収入があるかどうか
住所が住民票が一致していない場合には確実に審査落ちしてしまいます。クレジットカードは信用第一ですので、住所が不確定な人には絶対に発行はされません。

収入面では、収入額ではなく安定した収入かどうかをチェックされ、安定した支払い能力が望めるかどうかを見られます。

2・継続的な雇用
確実な収入があることが前提なので、当然のことながら雇用形態もチェックされます。正社員であればより確実な雇用を約束されていますので、当然限度額も大きくなりますが、非正規雇用(アルバイト・パート)だからと言ってカードが作れないというわけではなく、限度額が低くはなりますがカードを作ることは可能です。

カード会社によっては、非正規雇用でも勤続年数が長い場合、クレジットカード作成より有利に作れる会社もあります。
●スマートフォンの未払いでカードが作れないことがある?
皆が持っているスマートフォンですが、現在スマホは分割で支払われるのが普通となっていますが、このスマホの分割支払いは普通のローンと同じとみなされるので、スマホの料金が3ヶ月未払いで利用停止になった場合、信用情報に傷が付いてしまいます。

信用情報機関にブラックリスト入りしてしまうと、完全に支払いが終わってから向こう5~7年は、クレジットカードの作成は元より、ローン関係は組めなくなってしまいますので、注意しておきましょう。

クレジットカードの審査におちた理由

一度だけクレジットカードの審査に通らなかった事があります。
就職して社会人になってからほどない時に流通関係に就職した友人から頼まれて申し込みをしたクレジットカードです。それまではクレジットカードを持ったことがなく、社会人になったこともあり、クレジットカードを持ってもよい時期だろうと申し込みました。
結果は、審査を通過することができませんでした。
そのころはインターネットが普及していなかったので、通知は書面でありましたが、理由はもちろん記載されていませんでした。今よりもクレジットカードの審査が全体的に厳しかった時代でもあったのでしょうが、落ちた理由ははっきりとはわかりません。
考えてみると、就職してすぐと言うことが理由だったのでしょう。